ダイエット

「むくみの原因、解消。」僕なら「水の飲み方」を考える!

こんにちは!トレーニングサロンLeiの中川です。

パーソナルトレーナーとして活動していて、女性の悩みの中でよく出てくる「むくみ」。もっと言えば「足のむくみ」「顔のむくみ」など「むくみ」を気にしている方は非常に多いように感じます。

「むくみ」ってなに??

むくみとは、医学的には浮腫(ふしゅ)と呼ばれています。「血液中」の「水分」が血管やリンパ管の外にしみだして、「手足」「顔」などの「皮膚の下」に溜まった状態のことを指しています。

「むくみ」の原因は??

「浮腫み」で悩んでいる方は、自身の生活で「なぜ起こるのか」を把握しておくと防ぐ事ができます。なので、まずはご自身に当てはまらないのかチェックしてみましょう。

水分の摂り過ぎ & 水分摂取が少なすぎ

ダイエット中は水分を摂ることも大切ですが、一度に多くの水を摂ってしまうと処理ができず身体に貯め込んでしまいます。「一口づつ」定期的にそれなりの量を飲むことが適切な摂取方法と言われています。

塩分の摂り過ぎ

塩を舐めると、水を飲みたくなりませんか?これと同じで塩分を多く摂ると、身体の中の塩分濃度を保つ為に身体が水分を貯め込んでしまいます。なので、浮腫んでしまいます。

ビタミン・ミネラル不足

ミネラルのうちの1つ、「カリウム」には塩分を排出する役割があります。またミネラル・ビタミンはホルモンバランスを整える役割がありますので、日頃、お野菜や果物を摂る習慣のない方は浮腫みやすくなってしまいます。

ホルモンの影響

女性は月経前になると、妊娠に備えた働きが体内で起こるので、脂肪と水分を溜め込むようになります。この影響で浮腫んでしまう事があります。

運動不足

長時間のデスクワークなどで同じ体勢でいると、血流が悪くなり「むくみ」の原因になります。また運動不足により新陣代謝が低下すると、水分の排出が悪くなってしまいます。

「むくみ」の解消には??

浮腫みを取るにはどうしたら良いのか?と、お悩みの方も多いでしょう。運動を習慣化したら良いことは分かっていても、時間がなくて難しいと思います。そこで、時間がなくても、簡単に出来る方法を紹介します。

浮腫みの原因の1つ「血行不良」です。

座ったままでも足首を回したり、脹脛を伸ばしたりするなど、足先を動かすようにするだけでも血行改善されるので、浮腫みを解消する事が出来ます。他にも、寝る前に脚を壁に立てかけて、足先に溜まった老廃物質を流すようにする事もお勧めです。浮腫みの原因には栄養の偏りもありますので、「ミネラル」の中でも「カリウム」を意識して摂ることもいいでしょう。「カリウム」は体内の塩分を水分と一緒に排出してくれる働きがあります。

「カリウム」が多く含まれる食材は、「ほうれん草」「エリンギ」「切り干し大根、」「海藻」「アボガド」「大豆」「煮干し」「スルメ」などです。また代謝促進のためにクエン酸を摂ることも効果的と言われております。クエン酸は梅干しやレモンなどに多く含まれております。

パーソナルトレーナーである僕が「むくみ」について考える

上記のことは、調べればことができる方なら誰でも知ることができる情報です。知っていてもできないからここにたどり着いているものだと感じます。「むくみ」の悩みの中で、「ダイエット中の方」「体型維持の方」「トレーニングをしている方」「食事を気にしている方」それぞれ状況が違うと思います。

僕が全ての方の悩みを聞いてきて優先順位があると感じています。

まず、「普通体型」ではない方、この方は「むくみ」を気にする前に「痩せる」ことに注力を注いでください。そちらの方が、体にも負担がかかりません。そして「ダイエット中」の方、「ダイエット法」を間違えていないかをしっかり勉強することが大切です。「知っている」のと「知っていると思い込むこと」は違いますからしっかり勉強してください。厄介なのは「知っていると思い込むこと」です。「むくみ」が出るのであれば、まずは自分の「考え方」を疑ってもらいたいです。

「食事」「運動」よりも「水分の飲み方」

「美しい体」「健康な体」には「食事」がかなり大切です。パーソナルトレーナーである僕ですが「運動」よりも「食事」の大切さを伝えています。しかし、「水」も大切です。人間の体は6割が「水」ですから、体重が60kgの人であればそのうちの約36リットルが水という考えになります。そして「食事」よりも「水(水分)」を口に入れることの方が多いです。それなのに「水分」の「飲み方」を意識する人はあまりいません。僕がパーソナルトレーナーとして活動してきて、お客様には「水の飲み方」にはかなり注意をしてもらっています。

1日に体から出ていく水は、「尿」や「便」から1100〜1600ミリリットルであり「汗」が600ミリリットル、「吐く息」が400ミリリットルと言われています。これらの「水」は僕らが意識的にコントロールすることのできない水です。「吐く息」に関してはもっとも意識が薄いと思います。もし、あなたが「お話をする職業」で1日しゃべり続けているのでしたら「吐く息」から「水分」はどれほど出ているのでしょう。「食事」「運動」も大切ですが、僕は「水」について、もっと皆さんに意識してもらいたいと思っています。そして僕が出会ったかなりいい本がありました。

 

「頭痛」「慢性疲労」「不眠」「肩こり」「めまい」「頭痛」「自律神経失調症」「冷え」「むくみ」「口臭」などの悩みは、実は「水の飲み方」で解決してくれるのかもしれません。

僕がこの本に出会ったのは、ある女性が「うつ病」と戦っている時に僕のところへきたことがきっかけです。本当は「うつ病」なのか「自律神経失調症」なのかさえわからず、「慢性疲労」「不眠」「頭痛」「冷え」「のぼせ」などに悩まされている彼女をパーソナルトレーナーである僕が少しでも助けたいという気持ちでした。この女性の「薬」「漢方」「サプリメント」「食事」全てを見させていただき、「水の選び方」「飲み方」へたどり着きました。結果、彼女は明るくなり体型のすらっとし悩みも少しづつ薄れていきました。「食事制限」「運動」「水」「くすり」「漢方」何がよかったのかは僕にははっきりとわかりませんが少しでも力になれたことは事実です。そしてこの本は知っておくとかなり便利ですので興味が湧いたのであれば読んでいただきたい本であります。


トレーニングサロンLeiでは「無料カウンセリング」「メール、電話相談」を受け付けております。

疑問に思ったことなどあればお気軽にお問い合わせください。

友だち追加

トレーニングサロンLei公式ホームページ 

 http://ts-lei.com

%e6%82%a9%e3%81%bf

ダイエットは「たった1つ」のことを「敵」にするか「味方」にするかがポイント前のページ

あなたは「脱水症状」ではないですか?次のページ

ピックアップ記事

  1. 男性が思わず振り返る「美尻」は女性の魅力がさらに増す

関連記事

  1. ダイエット

    身体づくりに徹底した「水」にこだわったウォーターサーバーを導入しています^^

    当ジムではダイエット・ボディメイク・健康増進を徹底サポートをする環境を…

  2. ダイエット

    硬度の高いミネラルウォーターを通販,コンビニ,ドラッグストアで買えるペットボトル水^^

    「通販(楽天)(アマゾン)(ヤフーショッピング)」「コンビニ」「ドラッ…

  3. ダイエット

    痩せるための目標設定のポイント

    こんにちは!トレーニングサロンLeiの中川です。とある女性に「…

  4. ダイエット

    糖質制限ダイエットを使いこなすことができれば「痩せる」ことは簡単

    僕がパーソナルトレーナーと活動している中で、「糖質制限ダイエット」は悪…

  5. ダイエット

    ダイエットをする人は「睡眠」を軽視してはいけない

    こんにちは!トレーニングサロンLeiの中川です。どれだけ忠実にダイ…

  6. ダイエット

    「美しく」なる食事のポイントとは?

    こんにちは!パーソナルトレーニングジム「トレーニンングサロンLei」の…




Instagram

カテゴリー

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 男性が思わず振り返る「美尻」は女性の魅力がさらに増す
  1. ダイエット

    ダイエットを「トレーニング」「食事制限」にて実践している女性のための「生理」がき…
  2. ダイエット

    「美しく」なる食事のポイントとは?
  3. ダイエット

    硬度の高いミネラルウォーターを通販,コンビニ,ドラッグストアで買えるペットボトル…
  4. お客様紹介

    25歳・女性のボディメイク《ジム期間3年1ヶ月》
  5. 伝えたい

    子供がプロスポーツ選手を目指しているなら「親」はどうあるべき?
PAGE TOP