伝えたい

プロ野球選手として活躍するまでの道のりとは?[活躍・現実・引退後]

野球選手になりたいという「小学生」「中学生」「高校生」「大学生」「社会人」の方はたくさんいます。その中で、毎年のドラフト会議では、高校生のプロ志望者、大学のプロ志望者、社会人のプロ志望者を対象に1球団10名までドラフト指名することが可能となっています。しかし、10名を指名する球団はほとんどなく平均では6〜8名の指名が多いです。ですので、毎年プロ野球選手になれる人数は大体100名前後だと思います。ここではプロ野球選手になりたいと思っている人のために、まずは「現実」を知ってもらうために書いていこうと思います。

プロ野球選手になるには

プロ野球選手になるには、各球団のスカウトの方にアピールしドラフト指名をしてもらうことになります。この時、全球団で100名ほどドラフト指名があります。では、このドラフトにかけられるにはどのくらいの倍率なのでしょうか。ここではわかりやすように高校生だけで見ていきます。

28年ドラフト会議にて指名された選手は87人です。そのうち高校生は約35人です。平成28年の高校野球3年生は 55,204人 です。プロ志望届を出した人数はわかりませんが、55,204人中、35人しかプロ野球選手として選ばれていないことになります。

プロ野球選手として1軍でレギュラーを取れる確率は

プロ野球選手は入ってからが勝負となります。球団の支配下登録支配下登録の人数は1球団に最大70人です。その中で1軍で出場登録される人数は毎試合25人です。70人のプロの中から25人に絞られてしまいます。さらに、野手として1年間フル出場するとなれば、ピッチャーを除くと8名です。もし、プロ野球選手として野手で入った場合、70人中の8人の中に入らなければいけません。

もしこれを、野球人口で考えるならば、プロ野球選手を「野手」で入ってレギュラーになるとするならば、何百万人中の96人しか勝ち取ることができません。ものすごい確率ですね。

プロ野球選手の現実

プロ野球の恐ろしいところは、1球団に支配下登録できる人数は最大70人というところです。12球団で言えば840人です。絶対に最大840人ということです。その中で毎年100名ほどのプロ野球選手が誕生します。ということは毎年100名ほどのプロ野球選手が姿を消すことになるということです。なので1球団で毎年上位60名に入らなければ「クビ」を言い渡されてしまうということになります。

こう考えると、現役20年などの野球選手の凄さがわかりますね。さらに何年もフル出場できる選手になるには、かなり大変ということになります。引退セレモニーなどやってもらえる選手になるにはプロ野球選手になるよりも格段に難しいことになります。このように考えると「怪我」をして試合に出れなくなってしまうと結果すら残す機会がなくなってしまう可能性のある世界なのです。

プロ野球選手の引退後

プロ野球選手の引退後はどうでしょう?一般の方でも思い浮かべることは、「監督」「コーチ」などの球団関係者、そして「解説者」「芸能界」などではないでしょうか。しかしよく考えてください。「監督」は各球団に1人なので全部で12人しかなれません。そして「コーチ」は「ヘッドコーチ」「打撃コーチ」「守備コーチ」「投手コーチ」「走塁コーチ」「バッテリーコーチ」「トレーニングコーチ」など1軍、2軍とたくさんいますが、1球団あたり30人ぐらいらしいです。

毎年プロ野球選手が約100人誕生し、毎年100人のプロ野球選手が引退や戦力外となります。10年で考えると、1000人です。「監督」や「コーチ」の球団関係者になるには、プロ野球選手として生き残った数少ない人です。さらに「解説者」や「芸能界」もどちらかと言えばプロ野球を戦い抜いた人たちがほとんどであります。

野球一筋で何十年のプロでも他の道では「素人」

プロ野球選手に限らず、すべてのスポーツ選手に当てはまることなのですが、ある道を「極める」プロということは、そのプロ以外の道は「素人」ということになります。もし頑張ってプロになれたとしても活躍できなくて「戦力外」となってしまったら、今までやってきたスポーツに携わる職業につけるかもわかりません。そうなると、全く別の道へ行くことになりますが、一般の方よりも「世間」を知らないことが多いため苦戦を強いられることもよくあるそうです。

このような「リスク」は考えたくないと思いますが、もし自分の「子供」がプロを目指しているのであれば、引退後まで考えてあげることはともて大切です。プロになることを否定するわけではありません。ここでは、「プロ選手になる」ことが目標になってはいけないということをお伝えしたいと思っています。プロの選手になり何年も「活躍」するということを目標としてほしいということです。

伝えたいこと

なぜ、僕がこれをお伝えしたいかと言いますと、プロの世界では技術が必要ですが、もっと言えば「戦い抜く体力」、「基礎の体づくり」がかなり必要となります。体づくりというのは、しっかりトレーニングをすること、食事をすることが大切ですが、見落とされやすいのが「休憩」です。「体づくり」と「活躍し続けること」の共通のキーワードは「休憩」です。

僕がパーソナルトレーナーとして活動していて、自分にストイックな人ほど「休憩」をおろそかにしてきている方が多いと感じています。正しい体づくりを勉強することで自分の「トレーニンング」「食事」「休憩」を取得することは、基礎であるとともに「活躍」することの根本であるという認識をしてほしい感じているからです。


トレーニングサロンLeiでは「無料カウンセリング」「メール、電話相談」を受け付けております。

疑問に思ったことなどあればお気軽にお問い合わせください。

友だち追加

トレーニングサロンLei公式ホームページ 

 http://ts-lei.com

%e6%82%a9%e3%81%bf

子供がプロスポーツ選手を目指しているなら「親」はどうあるべき?前のページ

大河内美沙(おおこうちみさ)様/歌手・アイドル^o^次のページ

ピックアップ記事

  1. 男性が思わず振り返る「美尻」は女性の魅力がさらに増す

関連記事

  1. 伝えたい

    子供がプロスポーツ選手を目指しているなら「親」はどうあるべき?

    僕がパーソナルトレーナーとして活動していてよくお客様に相談されることが…

  2. 伝えたい

    どんな習慣でも最初の3~4週間で断ち切れる(o^^o)

    ダイエットを始めるときに、最も邪魔をするものは「習慣」です。私たちは日…

  3. 伝えたい

    運動はどんな感覚でやるかが大事(o^^o)

    ダイエットやボディメイクは「運動と食事の選定」をうまく組み合わせること…

  4. ダイエット

    身体づくりに徹底した「水」にこだわったウォーターサーバーを導入しています^^

    当ジムではダイエット・ボディメイク・健康増進を徹底サポートをする環境を…

  5. 伝えたい

    中学生や高校生が部活動で「怪我」をしにくい「体づくり」とは?[ケガしない体づくり]

    最近、とある番組にてこのようなことを題材に議論し合っていました。それは…




Instagram

カテゴリー

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 男性が思わず振り返る「美尻」は女性の魅力がさらに増す
  1. コース・料金

    スタンダードコース
  2. ご報告

    営業再開のお知らせ
  3. ダイエット

    身体づくりに徹底した「水」にこだわったウォーターサーバーを導入しています^^
  4. お客様紹介

    桂依央利(かつらいおり)様/中日ドラゴンズ選手\(^^)/
  5. 伝えたい

    子供がプロスポーツ選手を目指しているなら「親」はどうあるべき?
PAGE TOP